Maison Nina Ricci

MAISON NINA RICCI

ロベルト・リッチによる母親ニナ・リッチへの贈り物として1932年にパリで創業したブランド、ニナ リッチは、それ以来大胆で前向きな女性を応援しています。1946年、メゾン・ニナ リッチは、最初のフレグランスとなるCoeur de Joieを発表し、1948年にはL’Air du Tempsを発表、この作品は定番となり、ブランドの名声を不動のものにしています。

ブランドという存在を超え、ニナ リッチは、女性が最高に輝くためのひとつの世界となっています。自立し、パワフル、かつ、うそいつわりのない本当の姿で、ニナ リッチは、女性が自分の気持ちや心からの欲望をそのまま表現するための力を、女性に与えています。

かつて、ロベルト・リッチは「私は、自分と同じ感性をもつ人々のために仕事をする」と語っていましたが、まさにそういうことです。

メゾン・ニナ リッチは、三美神、鳩、りんごや花といったアレゴリーやシンボルに満ちた想像の世界のストーリーテリングで、女性を描いています。

創業以来ニナ リッチは、その時代の職人の技術を擁護する立場を貫いており、女性の成功を支えています。こうした芸術面の独自の感性は、ブランドにシンプルで、ピュア、かつ創造性に富むスタイルをもたらしています。

ニナ リッチは、自由な世界に芸術の息吹を吹き込んでいます