FR | EN | CN |

2009年にピーター・コッピングはニナリッチのクリエイティブ・ディレクターに就任しました。パリのファッション界で15年働いてきたコッピングは、ニナリッチの若さあふれる上品でフェミニンなスタイルに加えて、かすかな遊び心にあふれた官能性を取り入れています。コッピングはニナリッチの当初のゴールを追い続けていることを誇りとしています。 「ニナリッチは常にとてもフェミニンなレーベルでありながら、リラックスした雰囲気をもってきた。」とコッピングは言います。「私がすごくラッキーだったのは、ニナリッチの伝統が独断的な定説ではなく、精神そのものだったこと。その精神を生かして、私は現代のワードローブのフェミニンな側面を開拓しているのである。」 最高のものを求めて、ピーター・コッピングは虹色のパウダーを取り入れ、肌の官能的なサテンのような質感を際立たせ、夢の世界を連想させ、ニナリッチの女性の自然な姿を繰り広げていきます。